Tony Lama

Tony Lama

1911年に設立されテキサス州エルパソに拠点を構える<Tony Lama>。ウエスタン・ブーツの代表格として、熟練した職人(クラフトマンシップ)によってハンドメイドで作られており、一部商品(50種類以上)は<Proudly Made in the U.S.A.>を掲げております。


商品展開

商品は<男性 / 女性 / 子供>用のウエスタン・ブーツを中心に<CLASSIC / DRESS / EXOTICS / WESTERN / BUCKAROO / STOCKMAN / FASHION>と分けられ、形状や履き心地に合わせた商品展開を行なっております。また通常のブーツとして<CASUALS / WORK>など、防水や感電防止が施された商品も存在しております。



生産国

公式ウェブサイト上で販売される製品には<MADE IN USA>カテゴリーが設けられており、アメリカ製品を簡単に見分けることが可能です。また該当製品の生産国表記は<proudly Made in the USA with global parts. >と記載されており、MAGLITEのように必要なパーツを国内外から集めた上で、最終工程をアメリカで行なっているようです。



Tony Lamaとは

1911年。Tony Lama氏によって設立された<Tony Lama Boots>。11歳から靴の製造技術を学び始め、高い品質と快適性を持つウエスタン・ブーツが、テキサス州南西部のカウボーイや牧場主の間で評判となり事業が急速に発展。1930年代からは<Western wear stores(小売店)>への卸販売を求められ、6人の子供達と共にブーツの量産(750足 /1日)を開始。1990年。競合他社の<Justin Industries>社へ売却。現在Justin Industries社は自社製品<Justin(1879年創業)>を始め<Tony Lama(1911年創業)>及び<Chippewa(1901年創業)><Nocona Boot(1925年創業)>ブランドを抱えております。(なお現在Justin Industries社はウォーレン・バフェット率いるBerkshire Hathaway Incの傘下になっております)


 ブランド名 Tony Lama
 公式サイト https://www.tonylama.com
 海外配送 不可

関連記事

1918年に設立されオレゴン州スカプースに拠点を構える<Wesco(West Coast Shoe Company)>。 過酷な労働環境下で働く(架線作業員 / 伐採者 / 消防士等)に対して対応出来る、耐久性の高い製品を展開しており、選び抜かれた素材や品質を基に、熟練された職人の手によって<155>の工程を経て完成させております。


1904年に設立されイリノイ州ベルビルに拠点を構える<Belleville>。アメリカ国防総省(アメリカ軍)向けに製造されるブーツはアメリカ国内で最大の販売量(年間で100万足以上)を誇り、ミリタリー・ブーツの製造会社として、最も歴史のある会社として認知されております。








I am using products images form the official website on this page. this is for introduce your brand as “Proudly American Made Products” in Japan .if there are any problems, Please contact me via contact form.