MAGLITE

Maglite

1955年に設立されカリフォルニア州オンタリオに拠点を構える<MAGLITE>。アルミニウム製の懐中電灯として世界的に販売されており、品質の高さから同社製品に(命を)救われた消費者のエピソードを数多く見ることが出来ます。


商品展開

懐中電灯の大きさは<COMPACT><MID><FULL>と3種類あり、当然ながら重量と価格は比例しております。高価な製品の場合は約100ドル近くで販売されております、なお近年では<LIMITED EDITIONS>やアパレルなども販売されております。




注意点

頻繁に使用する製品ではないため電池の液漏れと固着には注意が必要です。日本の公式ウェブサイト上でも<アルカリ電池は液漏れ、または破損する可能性があります。最低でも1ヶ月に1回は電池を取り出しライトの中身に液漏れがないかを確認してください>と書かれております。液漏れが起こるとエンドキャップ(後ろの蓋)が開かなくなる場合も多く製品の保証対象外となっております。決して安い製品ではありませんので時々メンテナンスすることを心がけてください。


生産国

創業者Tony Maglica氏の経営哲学により<Made in U.S.A.>を掲げておりますが、公式ウェブサイト上にも<we say that we are “A U.S.A. Manufacturer” whose flashlights are “Built In America,” we do not mean that no part, component or accessory of one of our flashlights is ever imported. What we DO mean is that our flashlights are, and always have been, invented, designed and engineered in America and assembled in and shipped from our American factory where all of the body parts and most of the other parts are made, even if some parts, components and accessories may need to be sourced from an overseas supplier. And when a product of ours does include some foreign content, we duly note that on package labeling.(「アメリカ製」の懐中電灯を製造している「A U.S.A. Manufacturer」と言っても、私たちの懐中電灯の部品やアクセサリーは<輸入されていない>という意味ではありません。当社の懐中電灯は、アメリカで発明・設計・製造され、アメリカで組み立てられ、アメリカの工場で出荷されておりますが、当社の製品に海外製品が含まれている場合は、パッケージのラベルにその旨を明記しています。)>と書かれており、すべてのパーツをアメリカ国内で調達することは難しいようです。



MAGLITEとは

1955年にTony Maglica氏によって設立された<Mag Instrument>。ニューヨークで誕生したTony氏は、幼少期をクロアチアで過ごしたものの、第二次世界大戦後の共産主義下(者)から逃れるためにアメリカへ帰国。英語の習得と仕事に精を出し、切削加工の機械を購入するための資金125ドルを捻出。ロサンゼルスのガレージで航空宇宙や軍事産業の精密機械の製造を開始。製品品質の高さが顧客の評判を生み1974年に法人化が実現。その後懐中電灯の設計開発に焦点を当て、1979年アルミニウムを原料にしたMagliteが誕生。警察官や消防士などへの支給から始まった製品は品質やデザインが評価されアメリカン・プロダクツのアイコンとして世界中に浸透。アメリカへの貢献を経営哲学(方針)と捉え今尚<Made in U.S.A.>を貫いております。


 ブランド名 MAGLITE
 公式ウェブサイト https://maglite.com
 海外配送 不可


I am using products images form the official website on this page. this is for introduce your brand as “Proudly American Made Products” in Japan .if there are any problems, Please contact me via contact form.