grown&sewn

grown&sewn アメリカ製 シャツ

1927年に設立されニューヨーク州ニューヨークに拠点を構える<grown&sewn>。 Polo Ralph Lauren社で働いていたRobert Wesley Magness氏が、アメリカの歴史と文化に基づいたコレクション(アパレル)を、ニューヨークの地で発表したいという思いから設立。妥協することなく、個性的かつ革新的な製品を生み出すことをブランド理念に掲げており、すべての製品は<アメリカ製(Made in the U.S.A.)>となっております。







商品展開及び生産国

grown&sewn社では<パンツ / シャツ / キャップ / ベルト>などが展開されており、すべての製品はアメリカ製となっております。また<Red Wing Heritage(レッド・ウィング)>ブーツの販売も行なっているのが特徴です。なお同社は日本国内でセレクト・ショップを展開する<SHIPS>と提携関係にあるようです。

grown&sewn アメリカ製 パンツ

Foundation Canvas Pant($150.00)

 ブランド名 grown&sewn
 公式サイト https://www.grownandsewn.com
 海外配送 可能


【スプリングフェア】GROWN&SEWN (グロウン&ソーン) INDEPENDENT – CHARCOAL

【スプリングフェア】GROWN&SEWN (グロウン&ソーン) INDEPENDENT – LODEN

【スプリングフェア】GROWN&SEWN (グロウン&ソーン) INDEPENDENT – NAVY


関連記事

1982年に設立されニューヨーク州ニューヨークに拠点を構える<CEGO>。 サープラス・ストアで働いていた父親のファッション・センスに、強く影響を受けたCarl Goldberg氏が、バーニーズ・ニューヨークでの勤務やカスタム・テーラーへの毛織物の販売など、アパレル業界での経験を基に、カスタム・シャツを軸にしたブランドを設立。


2006年に設立されカリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を構える<Save Khaki United(S.K.U.)>。 David Mullen氏によって設立され、日常の必需品(ライフスタイル)をコンセプトに、実用性と快適性を重視したアパレル・ブランドを展開。


1907年に設立されイリノイ州シカゴに拠点を構える<Union Line>。 Hyman Rubin氏及びOscar Rubin氏によって設立された同ブランドは、全米自動車労働組合からの依頼による(組み立てライン工への)作業服の納入が始まりとされており、第二次世界大戦下ではアメリカ軍へのユニフォームの納入実績を誇るなど事業が拡大。


2013年に設立されカリフォルニア州オークランドに拠点を構える<Edgevale>。カリフォルニア大学バークレー校でラグビーの名選手であったTony Vontz氏が<Canterbury(ラグビーの最大手ブランド)>の営業職を経て設立。








同じ州内で生産される他ブランド


よく読まれている記事 – Made in the U.S.A.



I am using products images form the official website on this page. this is for introduce your brand as “Proudly American Made Products” in Japan .if there are any problems, Please contact me via contact form.