HIGH LOFT JACKET

Wild Things アメリカ製 ジャケット

数年前にWild Thingsの公式ウェブサイトから個人輸入した<HIGH LOFT JACKET USMC 1.0(ジャケット)>と<High Loft Pants USMC 1.0(パンツ)>。当商品はアメリカ軍の規格により<Level 7>と呼ばれており、重ね着をしていく中の(レイヤリング・システムの)最終防寒着として位置付けられております。ただ公式ウェブサイト上の商品写真とは異なり、現行型のジャケットには腕部分に階級等を取り付けるための<ベルクロ>が縫い付けてある可能性があります。(公式サイト上の商品写真にはベロクロが写っておりませんのでご注意ください)




サイズ表記

サイズに関して言えば、ラージを購入して、返品交換を行った経験から書かせて頂くと、よほど大柄な男性でない限り、ミディアムサイズで問題ないと思われます。また初期生産の物に<スマイル・マーク>が印刷されていたようで、当ジャケットはハッピースーツと呼ばれておりますが、現在ではそのマークはありません。なお、上下別で購入する場合(後からパンツ又はジャケットを購入する場合)生産時期によって色柄などが微妙に異なる場合があるようですので、本国から直接購入する場合はくれぐれもお気を付けください。

wild things アメリカ製 パンツ

公式ウェブサイトより転載



防寒製

肝心の防寒性ですが、プリマロフト(超微細マイクロファイバー素材)を使用しているため上下共に軽くて非常に暖かいというのが素直な感想です。東京の1月を基準に書かせて頂くと、ジャケットの下はロングスリーブのTシャツ。寒さに弱い方はユニクロのヒートテックを着ることで十分に乗り切ることが可能だと思います。価格は高いのですが、それ相応の価値があると個人的には思っております。

wildthings-label

日本とは異なるロゴ表記

なお日本に多く流通している旧ロゴタイプの商品展開は公式ウェブサイト上では確認が取れません。また基本的に軍用に作られているラインには目立つ箇所へのロゴはありません(内側にはタグが付いております)。日本のWild Things公式オンラインストアを確認したところ、商品全てが旧ロゴを用いており、日本独自のライセンス契約を行なっていると思われます。ちなみに、アメリカの公式ウエブサイト上には<Berry Amendment Compliant 100% Made in U.S.A.>と表記があり、アメリカ製品として誇りを持って製造している様子がうかがえます。



NSN(ナショナル・ストック・ナンバー)

アメリカ軍向けに提供される製品は、アメリカ国防総省及び関連機関において、繰り返し調達される製品に対して<NSN(ナショナル・ストック・ナンバー)>が付与されており、製品が本物であるかどうかの判断基準の1つになっております。(例 / 番号(8415-01-555-1275)を専用のウェブサイトで検索すると<Model: ECWPAR04-MEDIUM REGULAR>と表記されるようになっております)また同製品は、提供される軍によって<ECWCS GEN3 LEVEL7(陸軍) / HAPPY SUIT(海兵隊) / PCU LEVEL7(特殊部隊)>と呼び名が変わるようです)

 ブランド名 Wild Things
 公式ウェブサイト https://www.wildthingsgear.com
 海外配送 可能
 到着日数 約14日
 NSN検索サイト https://nationalstocknumber.info