Wright Tool

WRIGHT アメリカ製 ツールボックス

1927年に設立されオハイオ州バーバートンに拠点を構える<Wright Tool>。工具のセールスマンだったC. Nelson Wright氏によって創業。熱間鍛造(金属素材を高温に加熱 → 成形する方法)ソケットの製造を開始したのをきっかけに、様々なハンドツールを展開。特に<The biggest is don’t put your name on something that isn’t the best(一番重要なことは、ベストでない製品に自分(自社)の名前をつけないということ)>を経営哲学にしており、アメリカ人の技術と伝統を守り、真のアメリカン・メイドを貫いております。




商品展開及び生産国(アメリカ製)

Wright Tool社では<ソケット / レンチ / ラチェット / ハンマー / スクリュードライバー / ツールボックス>など、様々なハンドツールを展開しており、前述の通り、すべての製品が<Made in the U.S.A.(アメリカ製)>を掲げております。

WRIGHT アメリカ製 工具

ソケットのディスプレイ・ボードFractional Standard & Deep Sockets



 ブランド名 Wright Tool
 公式サイト https://www.wrighttool.com
 海外配送 不可




楽天市場で探す

Wright Tool社の商品掲載は見当たりません。

関連記事 – アメリカ製工具

1923年に設立されイリノイ州ロックフォードに拠点を構える<Estwing Mfg.Co.>。 打撃工具(struck tool)を中心に、クラフツマンやアウトドアマンに向けたハンマーやオノ(ナイフ)等を製造販売。


1900年代初頭に設立されペンシルバニア州ウィリアムズポートに拠点を構える<SK Tools USA>。Mason H. Sherman及びNoah Grover Klove両氏によって創業され<Sherman-Klove Company>を設立。他社の工具や部品を製造する受託加工や、第一次世界大戦下での(迫撃砲の)薬莢製造を経験。


1936年に設立されコネチカット州ダーラムに拠点を構える<The Chapman Manufacturing Co.>。 技術と伝統を受け継ぎ、3世代に渡り、品質や耐久性に優れたハンド・ツール(工具)を製造販売。


1857年に設立されイリノイ州リンカーンシャーに拠点を構える<Klein Tools>。 ドイツからアメリカへ移住したMathias Klein氏(創業者)が、電気技師が持つプライヤーを修理したことが始まりとされ、南北戦争下によって電信(電力)の重要性が高まりハンド・ツールの事業が発展。


1970年代後半、自動車レースに夢中になる2人の青年が全国を駆け回る中、レース生活において自分達の納得出来る製品を作ったことで、他のレース仲間の間で評判となり、1982年<Pit Pal Products>が誕生。





同じ州内で生産される他ブランド




よく読まれている記事 – Made in the U.S.A.



I am using products images form the official website on this page. this is for introduce your brand as “Proudly American Made Products” in Japan .if there are any problems, Please contact me via contact form.








創業100年以上のブランド – Made in the U.S.A.


続きを読む(創業100年以上の老舗ブランド)

 


関連タグ