Liberty Bottles

Liberty Bottles

2011年に設立されワシントン州ユニオンギャップに拠点を構える<Liberty Bottles>。100%再生利用可能(リサイクル)なアルミニウムを使用した水筒の一部商品はワシントン州ヤキマの工場で製造されており、保温不可な<Single-Wall Aluminum>及び保温可能な<Double-Wall Stainless Steel>の2つの軸で展開されております。また設立当初より様々なアーティストによるデザインボトル<Artists Bottles>が販売されており、お気に入りのデザインを見つけることが出来ます。なお容量は基本的に24オンスと32オンスの2種類となっております。







生産国

以前は上記Single-Wall Aluminumのみが展開され<Made in the USA>を掲げていたのですが、近年発売されたDouble-Wall Stainless Steelは、プリントだけがアメリカ国内で行われており<Printed in the USA.>という表記になっておりますのでご注意ください。

Liberty Sport Caps

価格設定

肝心の価格は<Single>や<Double>の種類。そして大きさやデザインによって前後するため一概には言えませんが、約20ドルから60ドルとなっております。Liberty Bottlesでは海外発送も可能ですので気になる方は是非ご覧ください。


商品の感想

私自身もリーズナブルな価格はもちろん、無駄のないシンプルなデザインに惹かれ、2回に分けて保温不可な<Single-Wall Aluminum>を購入しました。ただ持ち運ぶための水筒ですので、稀に落とすこともありますが、その際<Single>のためか凹みや塗装の剥がれなど、衝撃に弱い印象を受けました。また<Liberty Sport Caps>という、飲み口がストロータイプになっているアクセサリー商品も展開されているのですが、ゴムの部分にカビが発生したこともありました。現在の製造工程は分からず、改善された可能性もありますので一概には判断出来ません。予めご了承ください。



Liberty Bottlesとは

2011年に設立され、アメリカで唯一の金属製(ウォーター)ボトルを製造する会社<Liberty Bottles>。ワシントン州ユニオンギャップの工場で作られた製品は、100%再生利用可能なアルミニウムで製造されており、有害物質を含まない<BPAフリー>製品として販売。また社内での廃棄物ゼロを目指し、欠陥品は慈善団体やホームレスに寄付をするなど、環境保護や社会問題に積極的に取り組んでおります。


 ブランド名 Liberty Bottles
 公式サイト https://libertybottles.com
 海外配送 可能

関連記事

1949年に設立されニューヨーク州ロチェスターに拠点を構える<Nalgene>。科学者のEmanuel Goldberg氏よってプラスチック製の保存容器が開発。1960年代に入り、軽量で気密性の高いプラスチック製容器がアウトドア・シーンで活用できることを発見し事業が急速に発展。


2012年に設立されオハイオ州ライマに拠点を構える<50 Strong>。様々なデザインのウォーター・ボトル(水筒)やシェーカー・ボトルを販売しており、アメリカの製造業を支える目的で非営利団体<50 Strong Foundation(50ストロング財団)>を運営しているのが特徴のブランドです。








同じ州内で生産される他ブランド








よく読まれている記事 – Made in the U.S.A.