Fire-King

Fire-King

アンカーホッキング社が1941年に製造を開始したとされる耐熱ガラスの代表格<Fire-King>。ロゴの刻印方法でおおよその製造年がわかるため、今でも根強い人気があるブランドです。特にマグカップはジェダイを始め、有名企業が広告物として利用していたこともあり、様々なブランドロゴがプリントされており、種類も多く非常にコレクターが多いようです。


Fire-King

様々な形があるマグカップの中でもDハンドルと呼ばれるタイプ


入手方法の目安

ただ残念ながら、アメリカ製の<Fire-King>は製造が中止されており、ヴィンテージ系雑貨店やヤフオク、それにebay等で入手する方法しかありません。我が家も、朝のコーヒーを日課にしているため、どうせ飲むなら雰囲気のあるマグカップでと思いebayで落札しました。全部で4個購入したのですが、落札代金と配送料。それに為替を考えると、1個当たりが約3,500円。<Fire-King JAPAN>が製造する現行のマグカップが¥3,400程度ですので、その辺りを目安に探しました。


Fire-King

Dハンドルの中でも<シェービング>マグと呼ばれる重さのあるタイプ


ebayでの検索方法

出品状況にも左右され<上>を見たらキリがありませんが、状態の良い商品をebayで検索する場合<Fire King NOS>や<Fire King NIB>といった単語がお勧めです。状態を取るか。値段を取るか。納期を取るか。探している時が一番楽しい時間だったりしますのでゆっくり探してみてはいかがでしょうか。楽天市場でお探しの場合は下記写真からご検索が可能です。



Fire-Kingとは

Anchor Hocking社の耐熱ガラス容器のブランドとして1940年に製造が開始された<Fire-King>。1970年代までに調理用皿から灰皿まで数多くの種類が大量に生産されるものの1976年に製造が中止。特にマグカップは多くの企業が広告として使用され種類も豊富に揃っており、その中でも翡翠色をしたジェダイカラーが代表色になっております。

関連記事

1854年に設立されニューハンプシャー州ピーターボロに拠点を構える<Peterboro Basket Company>。ノース・アメリカ全域に分布されている広葉樹アッシュ材を用いたバスケットをハンドクラフトで製造しております。


1880年。ニューヨーク州バッファローにてFrank Ball及びEdmund Ball両氏によって<Wooden Jacketed Can Company>を設立。その6年後<Ball Brothers Glass Manufacturing Company(後にBall Corporation)>へと改称され、フルーツを入れるための容器として<Ball Mason Jar>の量産が開始。








よく読まれている記事 – Made in the U.S.A.



I am using products images form the official website on this page. this is for introduce your brand as “Proudly American Made Products” in Japan .if there are any problems, Please contact me via contact form.