トニー スワトン

august magazine トニー スワトン

いかつい体にトレードマークのバンダナ。そんな風貌からは想像がつかないほど、落ち着いた親しみある口調で話し、誰からも愛されるトニー・スワトン氏。時間が競われるエンタテインメント業界でディテールの凝ったアイテムを精巧に、そして誰よりも素早く作る金属加工技術を持つ、彼の工房「ソード・アンド・ストーン」を訪ねた。


august magazine トニー スワトン

アメリカに家族で移住した7歳の頃、趣味で石を集めていたんだけど、父親が専用の機械を買ってくれて、削ったり切ったりすることに没頭し始めたんだ。プロとしてジュエリーを作り始めたのが13歳だった。15歳で商業許可証をとって銀行口座を開かなくてはいけなかったよ。ジュエリー作りで相当稼いでいたからね。



august magazine トニー スワトン

最初にナイフを作り、次々に製作の幅を広げていったんだ。鎧は17歳の時だったよ。何か手を使って作ることが好きなんだよね。皮や石、色んな素材で作れるけど、今のメインはアルミやスティールなどの金属だね。金属を非常に特殊な形に「そんな風に曲げることができるの?」っていうような形に造り上げるのが得意かな(笑)。


august magazine トニー スワトン

顧客は僕の評判を聞いて、口コミで来るのが多い。大抵はアート・ディレクター、プロップ・マスター、コスチューム・デザイナー、セット・デコレーターなどがやって来て「こういう感じのものを探している」と説明される。もしスケッチがなくても、書斎には鎧やコスチュームの参考本が3000以上揃っているから、それで最初のスケッチをする。その後、かかる時間や予算などについて話し合いながら、最終的なスケッチを仕上げていく。


august magazine トニー スワトン

最初の大きな仕事、転機が訪れたのは1986年頃かな。ディズニーワールドの仕事で小道具屋のためにある彫刻を作ったら、その彼が、マイケル・ジャクソンの仕事や、映画「Hook」への仕事を僕に紹介してくれたんだ。その後は、スタートレック(1998)、オーシャンズ11(2001)、メン・イン・ブラックⅡ(2002)スパイダーマン(2002)、パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン、ヘルボーイ(2004)など、僕の作ったものが、たくさんの映画で使われてきたんだ。マイケル・ジャクソンのコスチュームはこれまでたくさん作ってきたし、最近もジャネット・ジャクソンのコンサートツアー用にも作ったところだよ。


august magazine トニー スワトン

実は映画の中で見るほとんどのものは、金属のものから型をとってプラスチックで作ったものを使用してる。だけど、僕は顧客にプラスチックで作るよりも僕がメタルで作った方が早くできると教えているんだ。メタルの方が長持ちだしね。 日数に関して言えば、大人用の全身の鎧は大体6週間で作れる。急ぎの場合は特別料金を払って貰えれば、不眠不休で4日で作るよ(笑)。


august magazine トニー スワトン

ちなみに鎧の購入価格は$15000~$30000。剣で言えば、$100~$5000。宝石やゴールド、シルバーなどの飾りが柄についた$20000の剣もコレクターに頼まれて作ったことがあるよ。でも 実際にはレンタルが多く、$500/日からかな。これまでにした一番大きな仕事は2003年に「ラストサムライ」で刀や忍者の武器とかを600個作った時。で、同じ時に「マスター・アンド・コマンダー」に100~150個。「パイレーツ・オブ・カリビアン」に200個作らなきゃいけなかった。この仕事が全部一度に来たんだ。もちろん同業者は2~3いるけど、僕が作るほどのスピードと質の良さを持つ工房は他にないね(笑)。


august magazine トニー スワトン

僕の工房にはスペースシャトルのパーツを製造するときに使うような、かなりの厚さの金属でも扱える機械も置いてあるんだ。鎧を作るときはプレートメタルという厚めのものを使うんだけど、こうした機械を使ってより素早く作ることができる。だから、剣を一本作るのには30分位。一日に35本の剣を作れるんだ。よりディテールのあるものは普通のより時間はかかるけど、そんなに難しいというものは無かったよ。なにせ30年間、こればっかりやってるからね。何にも恐いものはないんだよ(笑)。


トニー スワトン / ロンドン生まれ。7歳の時、家族でロサンゼルス近郊のバーバンクに移住。その頃から石に興味を持ち出し、父親が買い与えた機械で石を削り始める。13歳で初めて自分のジュエリーを売り始め、15歳で商業ライセンスを獲得。その後金属や皮を使った製作にも幅を広げ、鎧、剣など古代・中世の武装器具のレプリカの他、舞台や撮影用のコスチュームを作るようになる。1991年現在の工房である「Sword & Stone」を設立。現在までにマドンナやマイケル・ジャクソン等のセレブリティや「ラストサムライ」「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン」などの映画に作品を提供している。(公式ウェブサイト / www.swordandstone.com


 取材場所 バーバンク カリフォルニア
 取材 / 撮影 堀口 美紀
 編集 / 校正 高田 友美
 発行人 池上 奨
 版元 オーガスト マガジン


当頁は2009年から2011年にかけて発行されたエンタテインメント業界向けの無料情報誌「オーガストマガジン」をオンライン向けに再構成したものです。尚、記事や写真の無断転載及び無断引用は禁止いたします。