収納について

注文住宅

ウォークイン・クローゼットを作ることが難しい狭小住宅の場合、重要なのは<収納スペース>です。備え付けられるクローゼットだけでなく、靴箱や床下収納の位置や数を決める必要があります。

目次

 ① 施工業者と間取りについて
 ② トイレの仕様について
 ③ ベッドルームと収納について
 ④ エアコンと断熱材について
 ⑤ 外構について
 ⑥ キッチンについて
 ⑦ 屋上施工について
 ⑧ 収納について








床下収納

床下収納は、床にしゃがみ込み、蓋を上に持ち上げるという動作や、蓋を一時的に置く場所の確保など、生活の動線を考える必要があります。また外気に触れる可能性も高く、衣類や雑誌などを保管することは難しいため、中に入れることが出来る物は非常に限られてしまいます。そこで床下収納を増やすのではなく、階段収納や階段下の収納を建築士とご相談することをお勧めいたします。

注文住宅

クローゼットの大きさ

そして今現在お持ちの衣類が、新居のクローゼット(ハンガーパイプやプラスチック製の衣装ケース)に収まるのかを確認する必要があります。奥行きや高さ、そして扉の開く方向。また着物をお持ちの方は<平置き>をする必要があるため、それ専用のスペースを確保する必要があります。それでも収まらない場合は(設計の段階で)天井からハンガーパイプを吊るす設計も可能です。

楽天市場で探す

衣装ケース≪2個セット≫ロングチェスト3段 〔押入れチェスト・押入れケース・クローゼットケース〕 【送料無料】 アイリスオーヤマ クリア収納ケース クリア収納 アイリス 収納 収納ケース

収納ボックス 収納ケース RISUスタックシステムケース ワイドL【2段セット】カラーボックス 送料無料 日本製 チェスト おしゃれ 北欧 収納 引き出し 引出 クローゼット 押入れ収納 衣類 奥行50 50cm A3 ホワイト系

P5倍 【最安値に挑戦】収納ボックス 収納ケース 衣装ケース 押入れ収納 12個セット 完成品 衣類ケース クローゼットケース 小物収納 引き出し 衣類収納 日本製【当社オリジナル】

ハンガーパイプ

天井からハンガーパイプを吊るす場合、衣類の重さに耐えられるように、施工段階で<下地>を入れて貰う必要があります。壁面収納や大型の姿見など、どこに何を置くのかを事前に確認することで、石膏ボードでは難しい、安心した対荷重を得ることが出来ます。