Banksy

Banksy展 バンクシー

現実社会に訴えかける作品を多く残し、素性を一切明かさない芸術家と知られる<Banksy(バンクシー)>。先日は原宿で開催されているバンクシー展(副題 : 天才か反逆者か)を見に行ってきました。

Banksy展 バンクシー

彼の作品は、公共物に対して、無許可(違法行為)で描くことも多く、警察や防犯カメラの目を盗むため、素早く描けるスプレーを使用したステンシル・アートが多いようです。また実際には消されてしまったり、上書きされてしまうことも珍しくないため、実際の作品数はもっと多いのかもしれません。







Banksy展 バンクシー

また彼の作品<少女と風船>が、オークション会場で裁断されるという事件(2018年)も、実際に会場内で裁断ボタンを押している姿や「リハーサルでは上手くいったのに」と書かれた動画を見ることが出来ます。

Banksy展 バンクシー

副題の通り、彼の信念や作品は見る人によって判断が分かれると思いますが、自分と同じ時代を生きているアーティスト作品を鑑賞出来たことは1,800円の価値アリです。写真撮影が可能なことも嬉しいですね。東京開催は来年3月まで行っているようですので気になる方は是非足をお運びください。

Banksy展 バンクシー

 展覧会名 バンクシー展
 公式サイト https://banksyexhibition.jp
 開催期間(東京) 12月12日 – 03月08日
 開催期間(札幌) 03月24日 – 05月31日
 鑑賞料金(大人) 1,800円(平日) / 2,000円(土日祝)