エアコンと断熱材について

注文住宅

家電関係で最も目立つ場所に置くことになるのが<エアコン>です。図面が出来上がった場合、どこにエアコンを設置するのかを決める必要があります。そこで重要なのが室外機の場所です。外に面している部屋であれば、通常の配管で問題ないのですが、リビングの位置によっては窓に面していない場所に取り付ける可能性もあります。

目次

 ① 施工業者と間取りについて
 ② トイレの仕様について
 ③ ベッドルームと収納について
 ④ エアコンと断熱材について
 ⑤ 外構について
 ⑥ キッチンについて
 ⑦ 屋上施工について
 ⑧ 収納について








先行配管

そこで必要になるのが<先行配管>です。壁や天井などに事前に配管を隠し連結させることで、窓のない間取りにエアコンを取り付ける方法です。ただ機種によって取り付けが不可能な場合や、効き目が劣ると言われておりますのでご注意が必要です。

注文住宅

断熱材

一般的な注文住宅の場合、使用される断熱材は<グラスウール>又は、吹き付け発泡と呼ばれる<ウレタンフォーム>になると思われます。そして気密性が高いと言われているのが後者の<ウレタンフォーム>ですが、当然金額も高くなっております。実際に同等の築年数(戸建て)を比べたことがないため一概には判断出来ませんが、以前の家よりは暖かいという印象です。

注文住宅





ユニバーサルホーム

なおグラスウール及びウレタンフォームに関する詳細は<ユニバーサルホーム>の公式ウェブサイトで分かりやすくご紹介されております。詳しくは<こちら>からご覧ください。(管理人が施工を依頼した会社とは一切関係ありません)